上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の楽典 

究極の楽典 -最高の知識を得るために究極の楽典 -最高の知識を得るために
(2009/12/14)
青島 広志

商品詳細を見る



久々に本を買いました。青島先生の「究極の楽典」です。

ベル部の先生から教えてもらって、いつものAmazonさんで注文。今日の朝、届きました。


「楽典」って言葉は聞いたことあったけど、正しい意味は知らず(汗)

wikipediaで調べてみると、
『音楽に関する活動(演奏など)のために必要な最低限の知識のこと。』
だそうです。


これまで、自分はピアノやハンドベルなどの楽器を通して音楽を楽しんできました。

初めの頃は、楽器を演奏するだけで満足していましたが、
最近はハンドベル用のアレンジやベルチームの指揮・指導などに興味を持つようになりました。

すると、やはり今までの音楽の知識だけでは不十分であることを感じることが多くなりました。


せっかくここまで音楽を好きになったのだから、これからは音楽を「正しく理解して」楽しみたいと思います。

本を読むのは苦手だけど、大好きな音楽の本、楽しみ理解しながら読んでいこうと思います。

まだそんなに読んではいませんが、青島先生の書かれた本だけに青島先生らしい文章になっています(笑)



P.S 実は数年前に青島先生とお会いしたことがあるのですが、TVで見たまんまの面白い方だったことを覚えています。

コメント

いつも動画など参考にさせてもらっています。寒いですがお元気でしょうか?

楽典の話題を拝読して老婆心ながら、お勧めの本を↓
東京音楽書院出版の「楽典入門」 通称 ピンクの楽典。

メジャーな本なので、楽器店などにも売っていると思います。
文章も少なめ、練習問題つきなので大人の生徒さんに使っています。

読み終わった後も軽い辞書代わりに使えますよ。
演奏して学ぶのが一番だと思いますが、少し理論も分かるとより楽しくなると思います。

coofe さんへ

こんにちは、コメントありがとうございます。(^^)

最近、ようやく楽典を勉強してみよう!と思うようになってきました(笑)

楽典のオススメ本情報をありがとうございます。
今度、楽器屋さんへ行った時にチェックしてみようと思います。

分かって音楽したいなーっと思うようになったので、自分のペースでいろいろと学んで、
あとは楽しんで音楽と向き合っていきたいと思っています。

また、何かありましたら是非コメントを頂けると嬉しいです。m(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://brpl.blog53.fc2.com/tb.php/536-80da6b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。